ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

150プラドカスタム完了!!

202311191648.jpg

150プラド (1GD)カスタム完了!!

高さはルーフレール計測で197cmでした。

タイヤは285/70R17をインストールしました。

ライト調整、バイトコントロール2.44(標準値)調整、アライメント計測調整。タイヤの干渉はありません。タイヤはフェンダーよりINに9mmで突出はありません。

ご依頼誠にありがとうございました。

 

202311191723.jpg
202311191754.jpg

 

202311191827.jpg
202311191859.jpg

 

150プラドカスタム開始!!

202311191025.jpg

2023年の最初の作業は150プラド (1GD)のカスタムからスタートです!!

JAOS BATTLZ VFAサスペンションキットで約50mmのリフトアップ。

各部の補正はフロントデフダウンキット、フロントスタビライザーリロケーションキット、リアロングスタビライザーリンクロッド、リア調整式ラテラルロッド、ハイトコントロール延長ボルト、バックランプ移設キットの取り付け。

ショックアブソーバに減衰力調整ダイヤルが装着されている場合、フロントのスタビライザーが干渉する可能性があります。

弊社では新しく発売されたフロントスタビライザーリロケーションキットの取り付けをおすすめしております。

フロントに取り付け位置を移動させてオフセットするパーツとなります。

ご依頼誠にありがとうございます。

202311191127.jpg
20231119120.jpg
202311191229.jpg

 

 

新年のご挨拶

20231119610.jpg

明けましておめでとうございます。

旧年中は格別のお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。

本年も相変わらずご愛顧の程、お願い申し上げます。

 

ご挨拶

20221229135751.jpg

【年末のご挨拶】

平素より格別のご愛顧を賜り厚くお礼申し上げます。

本年も残すところ僅かとなりました。

ありがとうございました。

来年も従業員一同、皆様にご満足頂けるサービスを心がける所存でございますので、より一層のご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

なお、誠に勝手ながら年末年始は下記の日程で休業させていただきます。

休業日 12/29(木)から1/6(金)

1/7(土)より通常営業となります。

ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解の程、宜しくお願い致します。

良いお年をお迎えください。

 

ランクル80車検整備

2022122912638.jpg

年内最後の車検整備(ランクル80 1HD-FT)。

またまたランクル80です。

今月は80で始まり80で終わりました。

走行は290850km☺️

ますば水漏れから。リザーブタンクが少しずつ減る。

圧力テストにてウォーターポンプ、ヒーターホース、ウォーターバルブから少しずつですが、漏れてきたので一式の交換となりました。

2022122912719.jpg

タイミングベルトの交換時期も重なったため、ついでの交換が出来て良かったです。

そして、リアブレーキ鳴き。

左後輪が特に大きい。

キャリパーやスライドピンの動きは問題無し、リフトアップによるサイドブレーキワイヤーの取り回しが原因でサイドブレーキが一時的に効いている状態になっていました。

もちろんサイドブレーキシューは交換。

ドラムはインナー側の摩耗が激しいため、ディクセルのローターへ交換。

サイドブレーキ調整も行いました。

ご依頼誠にありがとうございました。

202212291289.jpg
2022122912844.jpg

 

ランクル80車検整備

2022122911508.jpg

ランクル80(1HD-FT)の車検整備☺️

走行は344555km。

フロントハブベアリングのガタ点検時に一緒に確認したいところはフロントドライブシャフトのスプラインの劣化具合。

やはり短い方が劣化しやすい。

フルタイム4WD車では特に注意しておきたいところ。

スプラインが崩れ、シャフトとの回転にズレが生じると大きなトラブルにも繋がります。

フロントアクスルハブには定期的な点検や調整、グリスの注入は実施しております。

20221229115039.jpg


今回はフロントドライブシャフト左右、各シールやガスケット類の交換、再調整を実施致しました。

 

走行距離が増えてくると、定期交換部品に加え、こういう部分の整備も必要になります。

これからも頑張って走行してもらうためには必須です。

弊社では、車検時のハブ周りの点検は必ず行っております。

消耗品の交換はベルト一式、タイロッドエンド左右、ブレーキフルード、ワイパーで完了です。

80のファンベルト、クーラーベルトはVベルトが採用されています。

ベルトの劣化具合の確認は亀裂だけではなく、プーリーへの食い込み具合も重要になります。

20221229115131.jpg

ここをしっかり確認することで、再調整が可能かどうかも判断できます。

タイロッドエンドは、ブーツの亀裂であれば、ブーツのみの交換でも良いとは思います。

おすすめはAssyにての交換です。

大きなタイヤにリフトアップの組み合わせであれば、ボールジョイントに負荷がかかります。

最悪破損の危機もあります。

足回りに関しては事故にも繋がります。細かい点検、整備実施で安心して乗っていただきたいと思います。

ご依頼誠にありがとうございました。

20221229115914.jpg

 

ランクル80走行不良修理

20221229113838.jpg

ランクル80(1HZ GX)の修理依頼。

走行は186629km。

走行中に走行不良になった80。

HPよりお問い合わせをいただきました。

希少価値が高くなっている80。

その中でもGXは特に珍しくなってきましたね!

今回の修理は最終的にオートマ本体、フロントデフ、トランスファーと大きな部分のオーバーホールからスタートしました。

2022122911401.jpg

1番の原因は右フロントドライブシャフトとアクスルシャフトフランジのスプラインが崩れたことが大きい要因です。

点検時は既に噛み合っていない状態でした。

フルタイム4WDな上、右と左の回転に差が生じるとフロントデフ→トランスファー→オートマ本体と壊れていきます。

弊社ではフロントアクスルの点検はもちろんのこと、スプラインのキズやスピンドルなど細かく点検をしております。

ハブベアリングのガタも車検時に定期的な調整を行なっています。

些細なことで大きな修理に繋がることもございます。

大きなベルト鳴き。こちらはコンプレッサーのマグネットクラッチのガタによるもの。リビルト品にて対応致しました。

20221229114049.jpg

少しでも長く大切に乗っていただけるように、点検や整備を実施する側もきちんと行わないといけません。

難しい修理やオーバーホールなど大きな修理をはじめ、定期的な整備やメンテナンスなどお気軽にお問い合わせください。

新規でのご入庫、ご依頼誠にありがとうございました。今後とも、宜しくお願い致します。

 

20221229114138.jpg
2022122911423.jpg

 

20221229114237.jpg
20221229114319.jpg

 

20221229114356.jpg

 

ランクル80車検整備

20221229112955.jpg

ランクル80(1HD-FT後期)の車検整備。

2年前に弊社で制作、販売させていただいた車両です。

走行は192000km。

ブレーキペダルのタッチに少し違和感を感じました。

これは、ロードセンシングプロポーショニングバルブ(LSPV)よりブレーキフルード漏れが原因。

点検前に必ず試運転を行っています。少しでも違和感がないか。

これを実施することで、通常点検に加えて、より細かいところまで点検ができます。もちろん見落としも無くすこともできます。

20221229113110.jpg

LSPVからのブレーキフルード漏れはブーツ内に溜まることが多く、中々気づきにくい部分でもあります。

そもそもLSPVとは何か?荷重に合わせて後輪ブレーキ制動力を制御します。

簡単にいうと、荷物の重さが多いとブレーキが効いて、少ない場合はタイヤがロックする事を防止する装置です。

荷重の判断は、車体と後輪足回りの隙間(位置)で判断しています。

車重が重たい貨物車両(ランクル80や70系)にも装着されています。

また、交換だけではなく、リフトアップした際など、LSPVの位置調節は必ず行ってください。

元々の場所だった良いと安易に判断せず、計測と調整を必ず実施してください。

今回はブレーキフルード、LSPVの交換のみで無事に完了です。

ご依頼誠にありがとうございました。

2022122911324.jpg

 

 

ランクル80車検整備

20221229111748.jpg

ランクル80(1HD中期)車検整備wrench

急に寒くなりましたね。気温差が大きくなると燃料漏れ修理も増えてきます。

弊社で5回目(5年)の車検となりました。

いつもご依頼誠にありがとうございます。

走行は262600km。

車検時の交換部品は大きく2つあります。

交換しないと保安適合にならないもの(通らないもの)と交換すべきもの(交換時期、距離超過など)

今回はタイヤ、燃料漏れ、パワステオイル漏れを中心に手を加えていきました。

 

20221229111824.jpg

噴射ポンプタイマーカバーのOリング劣化による燃料漏れ。

弊社ではタイマー内部にあるシャフトの摩耗も点検しております。

スプリングなどに錆が出ている場合はOリングだけではなく、タイマーもAssyの交換を実施しております。(写真3枚目)

次にパワステオイル漏れ。

こちらは、リザーバータンクからの漏れでした。

タンクのカシメ部からオイルが漏れる。

こちらはタンクAssyにて交換。

 

20221229111954.jpg

リザーブホースも一緒に交換しました。

リフトアップに大きなタイヤ。

パワステにも負担はかかりますし、タンクも消耗品のひとつです。

リアのブレーキホースに亀裂はないものの、ゴムの膨らみを確認したので、リアは3本交換となりました。(サイド2本、センター1本)

その他、エンジンオイル、オイルエレメント、フロントブレーキパッド、ブレーキフルード、運転席側ドアカーテシスイッチ、フロントハブベアリング調整、タイヤ4本で無事に完了です。

5年前に装着したヨコハマジオランダーMTは走行約5万kmで交換となりました。

タイヤの金額的にもコストを考えると非常に良いタイヤだと思います。参考までにご依頼誠にありがとうございました。

 

20221229112037.jpg
20221229112148.jpg

 

20221229112210.jpg
20221229112244.jpg

 

ランクル77修理

2022121414483.jpg

ランクル77(HZJ77V)のクラッチ緊急修理ですwrench

ギアが入らない、一度入ったら抜けない、ペダルのスカスカ。

との事でご依頼いただきました。

数年前にクラッチマスターシリンダーを交換してもらったらしいのですが、交換する際にマスターシリンダーアキュームレータを取り外さないと交換できません。

おそらく、その間にあるガスケットを再使用していたため、ここからエアを吸ってしまい、上手く作動しなくなってしまいました。

各部のガスケットは再使用せず、必ず交換しましょう。
 

20221214144833.jpg

クラッチレリーズシリンダー、クラッチホースもあまり良い状態ではありませんでした。

特にホースには亀裂も多く入っていました。

アキュームレータを新品に交換したことで圧力が復帰した際に、レリーズシリンダー、ホースからオイルが漏れる可能性があるため、上記の3点を交換と判断しました。

装着後の試運転では、ギアもスムーズに入るようになりました。

この車両はクラッチ調整ができない仕様になっています。

 

20221214144950.jpg

各部の細かい点検は日頃のメンテナンス等で行うようにしています。

瞬時に原因を追求し、修理の指針を決める。

弊社では、お客様からのご指示やご要望をより具体的にお聞きするようにしております。

これを実施するだけで、迅速な対応と修理ができるようになります。

ご依頼誠にありがとうございました。

20221214145023.jpg
20221214145047.jpg